読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間にとって、その人生は作品である

人生という脚本を書いてみる!

主役はだれでも人生の脚本家は自分!

おはようございますkazuです。

いつまで自分が主役?

昨日、この記事を読ませてもらった。


34.この人生は誰が主役か - とりあえず3ヶ月で100記事を目指す

自分は子供がいない。育てたことがないから分からない。

子供は育てた事がないが、人は育てたことがある。

自分が主役になった事がない人が、子供育てたらと思うとゾッとする。

自分が主役を演じて、その経験から子供が主役のストーリーを作る。

その子が主役なんだから、主役の輝くストーリーを描く。

自分が主役の時は周りに脇役がいてくれた。

おかげで輝くことができた。

脇役の大事さがわかっていれば、いろんな事件は起きないのに!

人は自分の脚本を書き換えてばかりいる。

それが悪いわけではない。主役・脇役、年をとればとるほど多くの出演者が

いてくれる。ありがたいことだ。

忘れないでほしい!家族と言うものは自分の脚本からは外すことができない事を!

いい脚本を書く為に!

学んだ事に意味のないことはない。

それを活かすのも自分次第。


ごんぎつねなんて勉強しても、社会に出てから意味が無いと言いますか? - 灰色の棚

 

今の段階で意味がないことも、これから意味のあることに変わることもある。

意味があるかないかと考えている時点で、意味があることだし活かしていくチャンスが

出来てる。

いろんな事を悩んだりしたほうがいい。そうしたら人間の幅が広がる。

きっといい脚本がかける!