読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間にとって、その人生は作品である

人生という脚本を書いてみる!

この映画、非常識の肯定。

 こんばんはkazuです。

海の上のピアニスト [DVD]

海の上のピアニスト [DVD]

 

大西洋の上でうまれ、

一度も船を下りなかったピアニストの伝説。

ナインティーンハンドレッドの存在=業の肯定

この映画って、非常識な事を肯定してる。

  • 船を下りることなく成長する。
  • 寝ている彼女にキスをする。
  • 死ぬの解っているのに船に残る

人はどっか非常識な事に惹かれる。

それは『落語』であり『映画』である。どちらも相手から来るモノではなく、自分から

好んで行くものだ。それだけ魅力的なのだろう!

 

船の上を自分の世界、陸を社会とした時、

社会というものを批判しているようだ。

船の上では非常識な事も理解されるが、陸に上がれば常識と言うモノを押し付け

られる。

ナインティーンハンドレッドの存在さえ批判される。

常識が悪いわけではない。非常識と言うモノがあるから、どれだけ常識が大事なのか

を教えるべきであり、常識だけでは本質がわからない。

きれいな事をいうばかりでなく、非常識な事を受け入れていかないと、

本当の常識はわからない。

 

業の肯定をしているモノを楽しみ、学ぶのだ!