人間にとって、その人生は作品である

人生という脚本を書いてみる!

暇つぶしなら『落語』でも聴きますか!

 こんにちはkazuです。

談志 最後の根多帳 (談志最後の三部作 第二弾)

談志 最後の根多帳 (談志最後の三部作 第二弾)

 

 次も読み始めたら、出てくるわ演目の数々。

最初のページから『寝床』『明烏』『へっつい幽霊』『蛇眼草』『味噌蔵』

『宿屋の仇討ち』、第一部の第一章までは読んだが、第二章になると直した落語として

かなりに数が紹介されているようなので、とりあえず二つほど先に聴きますか!

1つめは、古今亭志ん朝明烏

2つめは、立川志の輔 『宿屋の仇討』

志の輔らくご 両耳のやけど2

志の輔らくご 両耳のやけど2

 

 第二章だけでも、51の演目。聴いたものもあるが、

おばけ長尾』『権助提灯』『紺屋高尾』『鮫講釈』『芝浜』『疝気の虫』

粗忽長屋』『短命』『やかん』

自分が立川談志の噺の中で好きなのは『鮫講釈』

まだまだ相当楽しめそうだな。

「人生なんて死ぬまでの暇つぶし」

暇つぶしなら『落語』を聴きますか!

広告を非表示にする