人間にとって、その人生は作品である

人生という脚本を書いてみる!

バスの好きな色は?

以前に『音』という部分で記事を書いたことがあるが、

 

texiara0216.hatenablog.com

今回は『色』を考えてみる。

f:id:texiara0216:20161130155753j:plain

魚の見る能力

バスは視力としては0.1~0.2位だと言われております。

視力ばかりでは判断できない、ブルーギルを使った実験で

『視覚情報を判断する時間』人の55倍の結果が出ている。

コントラスト闘値の実験からも濁った水中でも人より遠くで物を確認できる事が証明されている。

人は必死で走っている時など頭が激しく揺れると注視し辛いが、バスなど頭を振りながら高速で泳いでいてもしっかりと注視出来ているようだ。

色の識別

教えて! ジョーンズ博士 VOL7 (バスは、色を識別することができますか?|バークレイ / Berkley|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

 

現在実証されている限りでは、バスの視覚や色覚能力は高くないと思われます。人間は網膜上の特殊な光知覚細胞に含まれている、赤、緑、青の3つの色素によって色を知覚することができます。この3つの色素が、目に入ってくる光によってそれぞれ刺激された量を脳が分析することで、赤~紫までの異なる色を識別できるのです。 つまり色覚能力とは、目だけでなく、脳の動きによるものであるといえます。 バスの目には、赤と緑の色素だけでも色覚としては十分機能しますが、青に近い色の スペクトラムに関しては感度が鈍ります。

 バスに対して行なった色覚テストでは、バスは赤~緑の範囲はかなり良く見えており、中でも黄味のオレンジ色~黄味の緑色までの範囲に対しては最も良いことが分りました。 しかし、緑色~青色の範囲になると、色覚は急に落ち込みました。おそらく紫色は黒か、グレーの一種に見えていると思われます。 また、バスは色のつよさの違いを見分ける能力も高くありません。実験では、赤、緑、茶色の深い色はすべて「暗い」と認識され、逆に明るいレモンイエローなどの非常に淡い色はすべて「明るい」と認識されると分っています。

 バスの色覚能力はあまり高くなく、青などの色は色覚は特に落ちるみたいですね。

 

好きな色

いろんな釣り場でよく釣れる色が存在するがバス自体が好きな色はあるのだろうか?

f:id:texiara0216:20161130215214j:plain

たくさんの本や実験で調べているが、色自体がバスや魚の行動は変わるが共通な色の好みがあることは確認できていない

確かに釣り場ごとに餌も違うし、一つの釣り場でもエビや小魚などと色も変わってくる。

ルアーで釣っている場合、食性ではなくリアクションで使うルアーもあるから、

ストラクチャーの色・水の色などでも変化する。

自分が行く釣り場のいろんな物を見て、それに合わせて行けば

その釣り場のバスが好きな色がわかるかも知れない。

 

 

 

広告を非表示にする